ニュースレター

Hortonworks から最新情報をメールで受け取る

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

AVAILABLE NEWSLETTERS:

Sign up for the Developers Newsletter

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

行動喚起

始める

クラウド

スタートのご用意はできましたか?

Sandbox をダウンロード

ご質問はありませんか?

*いつでも登録を解除できることを理解しています。Hortonworks プライバシーポリシーのその他の情報も確認しています。
クローズクローズボタン
前のスライド
Five Big Data Mistakes to Avoid When Implementing a Strategy
May 31, 2018
Three Things We Learned About Big Data Applications From DataWorks Summit Berlin
次のスライド

予測分析ソフトウェアで製造業界のダウンタイムを削減

著者
Ronda Swaney

製造業界にとって、ダウンタイムは効率性に悪影響を与えるだけでなく、収支決算にも影響を及ぼします。ダウンタイムや機器の故障の予測、予防は、御社の生産的かつ円滑な運営のために極めて重要です。製造業界は、重要なインフラストラクチャやダウンタイムの防止を監視するために予測分析ソフトウェアに関心を向けています。機器の故障を予測し、予防的にメンテナンスや交換をおこなうことで、最大効率での御社の運営を続けることができるということです。

技術の合流性で予測分析の利用がより簡単に

複数の技術と機能の収束は、予測分析の到来を実現させます。インターネットに接続されたデバイスは、リアルタイムまたは準リアルタイムデータの収集を可能にします。同時に、クラウドストレージはかつてないほどの大規模データセットの格納および分析をさらに割安かつ容易にしました。かつて予測モデルは、過去のデータセットや記述的データセットを回顧することのみにより構築されていました。このようなモデルは、データを格納する能力、処理する能力、そしてリアルタイムで収集する能力が劣っていたため、限られたデータスライスしか使用できませんでした。現在では、Hadoopのようなオープンソースのユーティリティソフトウェアで、無制限のデータを処理することができます。データを割安で格納できることで、データチームは少量のデータセットではなく、すべてのデータセットにアクセスでき、ロバストモデルを構築することができます。それにより、より多くの予測機能や属性を収集する可能性が増加し、あらゆる種類および規模の組織がより広範に予測分析を使用することができます。

実世界での予測分析ソフトウェアの活用

Noble Energyは、独立系石油ガス会社で世界的に展開しています。同社はインフラストラクチャのダウンタイムを予測、防止するためにビッグデータ プラットフォームの使用を開始しました。Noble Energyの事業統合取締役、フランク・ベッシュ氏は、「インフラストラクチャはお金という価値を創造します。これは販売につながり、その能力が十分に活用されないと、獲得できていない価値が存在するということです。」と述べています。予測分析は、同社による炭化水素インフラストラクチャの保全を改善しています。予測分析に関するNoble Energyの次の目標は、データを仕様して労働者の安全性と怪我の防止を改善することです。

オフショア掘削業者、Rowan Companiesは、分散型でリアルタイムのデータアーキテクチャにアクセスすることができませんでした。リアルタイムデータにアクセスできない作業員は、遠隔サポートを提供する能力が限られたまま運営していました。海と陸地をシームレスにつなげるためには、同社にはモノのインターネット (IoT) が必要だったのです。現在、Rowanは、自社の産業システムからリアルタイムデータを確実に収集し、即座にそれをストリーミング配信しています。これにより、場合によっては致命的となる、特定の状況の遠隔監視が可能になります。Rowanは、予測分析と保全予測を使用することで、ダウンタイムの削減だけでなく掘削装置のトラブルシューティングのために足を運ぶ回数が削減できると期待しています。

今日の製造業界にとってこれが何を意味するか

殆どの企業は、現在、事後保全 (故障してからの機器修理) または予知保全 (通常機器製造者が奨励する一定期間の保全タスク) のどちらかを実行しています。しかし製造業界は市場で優位に立つために予知保全に関心を持っています。リアルタイムデータと予測モデルを使用することで、製造業界は修理日程を最適化し、機器やインフラストラクチャが劣化または故障する時期を確実に知ることができます。その知識を利用して機器の使用を最適化し、最適なタイミングで保全を実行することによりコストを削減することが可能になります。これにより、致命的な故障による生産ダウンタイムを予防し、資産を最大限に活用でき、従業員は最も重要な作業に集中することができます。

予測分析ソフトウェアを使用し予知保全を強化することは、資産の保全や内部の意思決定を改善し、製造業界に競争力を与えます。

こちらのビデオで Noble Energy が予測分析ソフトウェアを利用していかに自社のインフラストラクチャを保全し、作業員の安全性を改善できるかをご覧ください。

Comments

Jaidyn Moore says:

Thanks for sharing such a nice post regarding preventive maintenance and downtime tracking. Reducing downtime can help in minimizing the overall loss of any manufacturing industry and it is a very important factor which every manufacturing manager should take care of. Using a good Downtime Tracking Software is a great idea for handling critical machine downtime situations.

コメントする

メールアドレスは公開されません。必須フィールドには * のマークが付いています。