Hortonworks から最新情報をメールで受け取る

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

行動喚起

始める

クラウド

スタートのご用意はできましたか?

Sandbox をダウンロード

ご質問はありませんか?

クローズクローズボタン
行動喚起

Hortonworks DataPlane Service for Data Lifecycle Management

すべてのデータ資産のグローバルな管理、保護、ガバナンスを実現

クラウド マルチクラウド・ハイブリッド世界のグローバルデータ管理

ウェビナーへの参加申し込み

Hortonworks データプレーン・サービス

現代のデータセンターを再設計し

次世代の問題を

解決できるサービスを

導入する

*

すべてのデータ資産に安全にアクセスし、その内容を理解


*

一貫性のあるセキュリティおよびガバナンスポリシーを適用


*

オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境でデータを管理


*

プラットフォームを拡張し、次世代サービスを簡単に追加


プラットフォームの機能

複数のタイプおよび階層に拡張可能なデータサービス用の基盤を提供

Hortonworks データプレーン・サービス
*

データソースの統合


データソースを登録または作成してアクセスを許可することが可能

*

データサービスカタログ


新しいサービスを有効にするための完全な構成と管理ユーティリティ

*

セキュリティ統制


セキュリティとガバナンスルールの包括的な定義と施行

新しいサービスへの拡張が可能

コア機能を活用して、さまざまなデータソースおよび資産タイプにて価値を獲得します

*

データライフサイクルマネージャー


複数の階層にまたがるデータのライフサイクルの制御と管理

*

Data Steward Studio


データ資産のキュレート、管理、理解により、深いインサイトにアクセスするだけでなく、複数の階層にわたって一貫したポリシーを適用

*

クラウドマネージャー


クラスタをクラウドへ、または特定のワークロードを異なる環境へ配置します

*

新しいサービスへ拡張可能


新しいサービスを時間の経過とともに有効にするためのプラガブルアーキテクチャ。これには、Hortonworks とパートナーサービスが含まれます。

*

Hortonworks データプレーン・サービスおよび IBM


IBM データサイエンス体験(DSX)


コア機能を活用して、さまざまなデータソースおよび資産タイプにて価値を拡大させます

オープンソースで、すべての人にオープン

オープンソーステクノロジーを基盤とするプラットフォームのみが、異種混在環境で共通のサービスを提供できます。

現在の環境に統合

エッジからオンプレミスのクラスタ、マルチクラウドデータセンターまで、シンプルで複雑なエンタープライズ環境で機能します。

次世代のデータ課題を解決する、最新のデータアーキテクチャ

アドミニストレーター

複数のソース

ほとんどの組織では、一貫性のない独立した複数のポリシーにてさまざまなクラスタやデータソースを管理している

アドミニストレーター

複数の種類

現代のデータには複数の種類が混在しており、それらを基に合理的な情報を発信することが難しい

アドミニストレーター

複数の階層

社内データが複数の場所に存在する

Banner

ビジネスユーザーはビジネス上の意思決定を適切に下すため、リアルタイムの信頼できるデータを必要としています。一方技術管理者は管理方法を簡素化し、コストを削減したいと考えています

「Big Data Fabric Drives Innovation and Growth(ビッグデータファブリックが推進するイノベーションと成長)」- Forrester、2016年3月8日

fpo

拡張可能なサービス:データライフサイクルマネージャー

データライフサイクルマネージャーは、Hortonworks Dataplane Service(DPS)で提供される最初のデータサービスです。

*

中央のセキュリティ/ガバナンスポリシーに準拠した、データ資産のライフサイクルを管理するための主要機能を提供


*

クラスタとソース間のスケジュールされたレプリケーションとディザスタリカバリ


*

複雑な日常タスクを自動化する、信頼性が高く効率的なバックアップ機能とリストア機能


*

コストを削減し、ソースへの効率的なアクセスを可能にする、迅速かつ自動の階層化オプション


fpo

拡張可能なサービス:データスチュワード・スタジオ

社内の Data Lake 全体を理解、保護、管理できるようにする一連の機能です。これにより、階層が異なってもデータ資産を一貫して保護し、管理できるようになります。

*

ビジネス分野、目的、保護、関連性などに基づくデータ資産のキュレート、発見、整理


*

異常検出、フォレンジック監査/コンプライアンス、適切な制御メカニズムのための、データ資産のセキュリティと使用に関する理解と監査


...これらは、さまざまなタイプおよび階層のデータに対して実施されます。