ニュースレター

Hortonworks から最新情報をメールで受け取る

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

AVAILABLE NEWSLETTERS:

Sign up for the Developers Newsletter

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

行動喚起

始める

クラウド

スタートのご用意はできましたか?

Sandbox をダウンロード

ご質問はありませんか?

*いつでも登録を解除できることを理解しています。Hortonworks プライバシーポリシーのその他の情報も確認しています。
クローズクローズボタン
行動喚起

Streams Messaging Manager

貴社のApache Kafka®環境にエンドツーエンドの可視性を

Apache KafkaをSMMで管理および監視

詳細はこちら

概要

Hortonworks Streams Messaging Manager (SMM) は、エンタープライズ Apache® Kafka®環境でエンドツーエンドの可視性を提供する運用監視/管理ツールです。SMMで:

  • Kafkaクラスタの洞察を得る。
  • 生産者からトピックから消費者まで、メッセージのエンドツーエンドのフローを理解する。
  • Kafka環境のトラブルシューティングを行い、ボトルネック、スループット、消費者パターン、トラフィックフローなどを特定する。
  • 様々なフィルタリングを使用して生産者と消費者の間のストリーム動態を分析
  • 様々なブローカーやトピックから収集した主要なパフォーマンス洞察を基にKafka環境を最適化
  • Apach Atlasの緊密な統合で強力なデータフローを視覚化し、複数のKafka中継点、生産者と消費者の完全なデータリネージを得る
データシートを閲覧する
manufacturing video img動画ボタン

メリット

Kafka環境のトラブルシューティングを簡易化する

Kafkaプラットフォーム運用チームは、利用可能なツールの不足が原因でKafka環境のトラブルシューティングや監視が困難です。SMMの知的なフィルタリングならユーザーは生産者、ブローカー、トピックまたは消費者を選択することができます。SMMは、選択したトピックにデータを送信している生産者だけを表示したり、これらのトピックを消費している消費者グループのみを表示するほど優秀です。フィルタリングは4つのエンティティのいずれかの選択に作動します。これによりユーザーは、Kafka問題のトラブルシューティングやデバッグするために根本的な原因を敏速に絞り込むことができます。

ブログ: Hortonworks Streams Messaging Manager (SMM) の紹介
Kafka環境のトラブルシューティングを簡易化する
エンドツーエンドのKafkaストリームフローの可視化

SMMの強力な機能の1つは、すべてのKafkaクラスタであらゆるデータストリーム/フローを可視化できる能力です。生産者、消費者、ブローカーやトピックなどあらゆるエンティティを選択することができ、選択したエンティティでどのようにデータがフローしているかを視覚化することができます。

Kafka DevOpsチームにはこれらの利点があります

  • 生産者からトピックから消費者までのメッセージストリームのエンドツーエンドのフローを理解する
  • 様々なフィルタリングを使用して生産者と消費者の間のストリーム動態を理解する
ブログ: DevOps / デベロッパーのニーズをStreams Messaging Managerで解決
エンドツーエンドのKafkaストリームフローの可視化
エッジ ツー エンタープライズからデータリネージとガバナンスを追跡

SMMは、ガバナンスとデータリネージにApache Atlas、セキュリティとアクセス制御管理にApache Ranger、インフラストラクチャ レベル監視とクラスタ用のライフサイクルアクションにApache Ambari、そして経時的にKafkaメトリクスをグラフ化するためにGrafanaを完全統合しています。SMMインターフェイスにあるAtlasアイコンをクリックして、SMMの強力なデータフロー視覚化を通じて複数のKafkaの中継点全体の完全なデータリネージを確認してください。その視覚からNiFiがKafkaメッセージを消費しているか、実際のApache NiFiフローに飛んでください。

ホワイトペーパー: Hortonworks Streams Messaging Manager (SMM) でApache Kafkaを管理および監視する
エッジ ツー エンタープライズからデータリネージとガバナンスを追跡
RESTで監視/管理機能を拡張

SMMはすべての機能にRESTエンドポイントを提供します。監視/管理 REST APIはSMM RESTサーバーを通して配信されます。これによりデベロッパーは、APMまたはケース/チケッティングシステムなど、その他の企業ツールでSMMを統合することができます。通常、Kafkaデベロッパーにとって、特定のトピックをメッセージレベルまでドリルダウンするのは困難なことでした。しかし、SMMなら、デベロッパーはビジュアルインターフェイスまたはREST APIを使用してトピックをフィルタリングおよび選択し、そのトピックにある全てのメッセージを開くことができます。

ドキュメンテーション: Streams Messaging Manager REST API
RESTで監視/管理機能を拡張
Kafkaにハイブリッドクラウド展開を採用

SMMはDataPlaneプラットフォームアプリとして配信されます。これにより顧客は単一のSMMインスタンスに企業内の複数のKafkaクラスタを管理させることが可能になります。Hortonworks Data Platform (HDP) または Hortonworks DataFlow (HDF)で単一のSMMインスタンスを使い複数のKafkaクラスタを管理することができます。また、SMMはDataPlaneプラットフォームアプリだということは、ハイブリッドクラウド展開のサポートも可能であるということです。


ドキュメンテーション: Streams Messaging Managerをインストールする