行動喚起

始める

クラウド

スタートのご用意はできましたか?

Sandbox をダウンロード

ご質問はありませんか?

クローズクローズボタン
行動喚起
Hortonworks Smartsense<sup>™</sup>

Hortonworks Smartsense

クラウド プロアクティブな問題解決を実現

ホワイトペーパーをダウンロード

問題を発生前に解決

ビッグデータのペースとデータアプリケーションの重大な特質を考慮すると、クラスタの問題を先読みして迅速に解決することが必要不可欠になりました。そこで、Hadoop サポートの提供モデルを根本から変えました。リアクティブ(事後対応型)からプロアクティブ(予防型)な監視と実用的な提案に変えたことで、問題発生前にお客様をサポートできるようになったのです。

Hortonworks SmartSense:プロアクティブな問題解決と個別のクラスタ洞察を実現します。ホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご覧ください。

プロアクティブ(予防型)なサポート

SmrtSense は、各種ツールとサービスにより、クラスタに関する一般的な問題を積極的に予防します。 SmartSense のお客様は、問題の解決に必要な診断情報を素早く得られます。 また、この情報は予防的な提案を生成して、クラスタのパフォーマンス、セキュリティ、オペレーションを向上させます。お客様のオペレーションチームは SmartSense により、業界のベストプラクティスと Hortonworks のエンジニアリングおよびサポートチームが持つ専門領域の知識を活用して、リーチを拡大できます。

SmartSense の新しい特長

SmartSense 1.3 では、次の主要なエリアに焦点を当てました:

クラスタアクティビティのレポートと視覚化

SmartSense は、YARN、MapReduce/Tez、HDFS の視覚化およびレポート能力により、クラスタアクティビティの可視性を向上させます。SmartSense 1.3 は、ビジネスユーザーやテナントがクラスタリソースをどのように使っているのかを素早く理解するための能力を、オペレーターにもたらします。

複数のバンドルのアップロードオプション

SmartSense Gateway は、Hortonworks Support に診断情報をバンドルでアップロードするプロセスを簡易化します。SmartSense 1.3 には追加として、SFTP、HTTPS、認証された HTTPS プロキシサポートのアップロードオプションがあります。

匿名化の拡張/編集の機能

暗号化して Hortonworks に送信する前にクラスタ診断情報を前処理できる、という柔軟性をお客様に提供することは、SmartSense にとって重要度の高い点でした。今回のリリースでは、革新的な匿名化のルールを拡張して、お客様がクラスタ診断情報を保護するためのより多くのオプションをご用意しました。

fpo

サポートケースのトラブルシューティングから葛藤を排除

SmartSense は Hortonworks サポートエンジニアに対して、サポートケースを迅速に解決するために不可欠なコンテキスト、設定、ログ情報を提供します。SmartSense は診断情報、パフォーマンスメトリクス、ログファイルを効果的に収集します。この情報は 1 つのファイルに収められており、サポートケースと共にアップロードできるため、サポートエンジニアは問題に関して包括的な見解が得られます。 この診断情報を前もって得ることにより、トラブルシューティングの特質である、貴重な時間とリソースを消費する堂々巡りが軽減されます。

fpo

プロアクティブな分析で問題の一歩先へ

SmartSense のお客様は、個々のクラスタとワークロードに合った実用的な提案を提供することにより、お客様が問題の一歩先を歩み続けられるようにします。 SmartSense のお客様は、各クラスタノードに関するクラスタのパフォーマンス、セキュリティ、オペレーション向けの提案を生成するために作られた、200 を超えるルールのメリットを受けています。 SmartSense サービスは典型的なクラスタに対し、平均で 15 の非常に影響力の強い提案を示します。これらの提案により、変化する Hadoop ランドスケープや異なるワークロードにクラスタの設定を確実に合わせます。

fpo

クラスタで実際に何が起きているのかを理解する

ビジネスユーザーやテナントがクラスタのリソースをどのように使用しているのかを明確に把握することは、あらゆるマルチテナント環境でのリソース配分にとって重要です。 SmartSense により、オペレーションチームは重要な Hadoop コンポーネントのためにクラスタの使用データを視覚化、レポートする能力が得られます。たとえば、誰が HDFS リソースを最も多く使用しているのか、どんなジョブが実行に一番時間がかかるのか、どのジョブがリソースを一番消費し、無駄にしているのか、前四半期分の使用に関して各事業ユニットにいくら請求するべきか、といった疑問に対する答えも、SmartSense で簡単に見つかります。