ニュースレター

Hortonworks から最新情報をメールで受け取る

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

AVAILABLE NEWSLETTERS:

Sign up for the Developers Newsletter

月に一度、ビッグデータに関する最新のインサイト、トレンド、分析情報、ナレッジをお届けします。

行動喚起

始める

クラウド

スタートのご用意はできましたか?

Sandbox をダウンロード

ご質問はありませんか?

*いつでも登録を解除できることを理解しています。Hortonworks プライバシーポリシーのその他の情報も確認しています。
クローズクローズボタン
HDP > Hadoop アドミニストレーション > Hortonworks Sandbox

Sandbox Deployment and Install Guide

Microsoft AzureのHortonworks Sandboxを配置する

クラウド スタートのご用意はできましたか?

SANDBOX をダウンロード

はじめに

Azure クラウド・インフラストラクチャは、その柔軟性、デプロイメントの容易性、費用対効果により、仮想マシンをクラウドに配置するユーザーにとって一般的なものになりました。Microsoft は Azure を拡大し、認定済みでオープンソース、かつコミュニティベースのソフトウェアアプリケーション、またデベロッパーサービスを Microsoft Azure 向けに事前設定し、多数 Marketplace に盛り込みました。このチュートリアルではAzure Marketplaceを介して提供されるHortonworks Sandboxの配置を取り上げます。

前提条件

概要

AzureでのHortonworks Data Platform Sandboxの作成

  • Microsoft Azure Marketplace に移動する
  • 検索バーにHortonworksを入力して検索アイコンをクリックします。
  • Hortonworks Data Platform (HDP) Sandbox を検索し、今すぐ取得するをクリックします

azure-marketplace

注記: Microsoft Azure Marketplaceにサインインするように指示される場合があります。

  • 続行をクリックし、Azureにアプリケーションを作成することを確認します

azure-marketplace-confirm

Sandboxの作成

Hortonworks Sandboxの説明が画面に表示されます。配置プロセスを開始する準備が整ったら、画面下部の作成をクリックします。

azure-sandbox-information

幾つかのフォームに記入する必要があります:

ベーシック フォーム

  • 名前: マシンを参照する場合に使用する名前です。この例では、MySandboxを使用しています
  • VM ディスクタイプ: 使用したいストレージを入力してください。この例では、スタンダードディスク (HDD) を使用しています
  • ユーザー名: マシンにログインするために使用するユーザーアカウントの名前。このチュートリアルではazureをユーザー名として使用します。
  • 認証タイプ: デフォルトでは、マシンはSSHキーまたはパスワードを介して配置・接続されます。この例では、パスワードを使用しています。
  • サブスクリプション: マシンを配置するためのサブスクリプション。リストにすでに記載されているものを選択してください。
  • リソース グループ: リソースグループの名前を作成するか、既存のものを使用します。この例では、新しいグループを作成しています。
  • ロケーション: Azure内のリージョンがマシンを配置する場所。

注記: ユーザーネームとパスワードは書き留めるか、忘れないようにしてください。SSHを使用する場合、対応する秘密鍵を持っていることを確認してください。それがないと、マシンにログインすることができません。

azure-form1

サイズ フォーム

仮想マシンのサイズを選択してください。この例では、A5 スタンダードを使用しています。

azure-form2

フォームの設定

ご希望のオプション機能を選択してください。設定されているデフォルトの機能をご使用いただけます。

注記: デフォルトの動的 IP アドレスを選択する場合、その IP アドレスは再起動する度に変更します。

この例では、次の機能を変更します:

  • ストレージ: 管理ディスクは必要ありません
  • パブリック IP アドレス: 静的割り当て

azure-form3

azure-form3-static-ip

要約フォーム

オファーの詳細 (価格) および仮想マシン概要に目を通してください。

  • 作成をクリックして配置プロセスを開始します

このプロセスには数分かかります。配置が完了したら、Sandboxの接続に移ります。

azure-form4

SSH トンネリングの構成

SSH トンネリングは、全世界のマシンのポートを実際に開かずにアクセスできる、安全なポートフォワーディングを可能にする方法です。次のステップに従って、コンピュータからAzure配置のエンドポイントにアクセスしてください。

SSHの使用

お好みのエディターを使用して、~/.ssh/config ファイルを編集します。例:

vi ~/.ssh/config

次のステートメントをファイルに挿入します:

Host azureSandbox
  Port 22
  User azure-username
  HostName azure-public-ip
  LocalForward 8080 127.0.0.1:8080
  LocalForward 8088 127.0.0.1:8088
  LocalForward 8888 127.0.0.1:8888
  LocalForward 9995 127.0.0.1:9995
  LocalForward 9996 127.0.0.1:9996
  LocalForward 8886 127.0.0.1:8886
  LocalForward 10500 127.0.0.1:10500
  LocalForward 4200 127.0.0.1:4200
  LocalForward 2222 127.0.0.1:2222

注記: スペースと大文字の使用は重要です。

  • azure-usernameSandbox作成 で使用したユーザーネームに置き換えます
  • Replace azure-public-ip with public IP provided
    azure-public-ip
  • ファイルを保存して閉じます

これで、コマンドを使用してAzureのSandboxにSSHを実行するすることができます:

ssh azureSandbox

Sandbox作成中に作成したパスワードの入力が要求されます。

注記: Azure仮想マシンが完全に起動するまでに数分かかる場合があります。VMが起動しない場合、“システム起動中 – アクセス拒否”というメッセージが表示される場合があります。数分待ってから、もう一度ログインし直してください。

そのとおり!

AzureのSandboxと交信する間、このSSH接続を持続してください。

PuTTYの使用

PuTTYを開きます。“PuTTY構成”という名前のウィンドウが開きます。左のサイドバーから、下記の図で示されているように“接続 > SSH > トンネル”に移動します。

Putty Tunnels

転送ポートを追加します。“ソースポート”欄に8080を入力し“デスティネーション“欄に127.0.0.1:8080を入力します。“追加”をクリックしてこのポートフォワードを追加します。共通のSandbox ポート、そして必要に応じカスタムポートにも同じことを行います。

8080 -> 127.0.0.1:8080
8088 -> 127.0.0.1:8088
8888 -> 127.0.0.1:8888
9995 -> 127.0.0.1:9995
9996 -> 127.0.0.1:9996
8886 -> 127.0.0.1:8886
10500 -> 127.0.0.1:10500
4200 -> 127.0.0.1:4200
2222 -> 127.0.0.1:2222

次に、左のサイドバーから、下記の図で示されているように“セッション”に移動します。

Putty Session

ホスト名 (または IPアドレス)”欄に、前のセクションのAure IP アドレスを入力します。ポートが22に設定されているかを確認して、最後に“開く”をクリックします。

ログイン ウィンドウが開きます。

Putty Tunnels

Azureデプロイメント中に指定したユーザー名 (ここではログインazureを使用) を入力します。パスワードが要求されます。デプロイメント中に指定したパスワードを入力してください。

注記: Azure仮想マシンが完全に起動するまでに数分かかる場合があります。VMが起動しない場合、“システム起動中 – アクセス拒否”というメッセージが表示される場合があります。数分待ってから、もう一度ログインし直してください。

スプラッシュスクリーン

必要なポートがフォワーディングされたところで、適当だと考えるSandboxを探求することができます。Sandboxのスプラッシュ画面は、ブラウザをhttp://localhost:8888に合わせてください。

Sandbox registration form

フォームに記入して、提出をクリックしてからSandboxにアクセスしてください。

azure-sandbox-splash

そのとおり!

Summary

ブラウザをhttp://localhost:portNumberに合わせるとすべての転送されたポートにアクセスすることができます。例: http://localhost:8080は、Ambariであるポート8080を使いAzureマシンおよびSandboxにつながります。

SSH トンネリングは、全世界のマシンのポートを実際に開かずにアクセスできる、安全なポートフォワーディングを可能にする方法です。

参考文献

HDPが稼働し始めたところで、最大限にその力を利用する方法を別のチュートリアルでご確認ください。

ユーザーの評価

ユーザーの評価
1 4 out of 5 stars
5 Star 0%
4 Star 100%
3 Star 0%
2 Star 0%
1 Star 0%
チュートリアル名
Sandbox Deployment and Install Guide

質問する回答を探す場合は、Hortonworks Community Connectionをご参照ください。

1 Review
評価する

登録

登録して評価をご記入ください

ご自身の体験を共有してください

例: 最高のチュートリアル

この欄に最低50文字で記入してください。

成功

ご意見を共有していただきありがとうございます!

Sandbox Deployment and Install Guide
by Patrick Hagan on August 9, 2018 at 3:13 am

The instructions were written well, except at the end where you have to put in the URL. It would have been better with a screen prints of the browser before and after initial URL is entered and the result. Right now it is not clear, which browser - outside VM or inside VM and which URL - the ones on the top screen or the ones on the bottom. My guess is the URL on the bottom on a browser outside the VM. Thank you.

The instructions were written well, except at the end where you have to put in the URL. It would have been better with a screen prints of the browser before and after initial URL is entered and the result. Right now it is not clear, which browser – outside VM or inside VM and which URL – the ones on the top screen or the ones on the bottom. My guess is the URL on the bottom on a browser outside the VM. Thank you.

表示件数を減らす
Cancel

Review updated successfully.